FC2ブログ

2021-05

教科書

最近仕事の関係上、中高生の教科書を見ますが、自分の時代のものと比べるのもなかなか面白いです。高校数学に関しては、だんだんとカラフルかつ説明も丁寧になりつつあります。基本的にはあんまり変わらないですが。

理数の教科書なんかは、ずいぶん充実させる方向のようで・・・まあ、方向性としてはいいんじゃないでしょうか。イオンや仕事の概念は今後はゆとり教育をやめるとのことで、今年度の中3から、中学生に復活します。

教える側としては、かなり大変になりますね。もちろん学生が一番大変ですが。

一つ思うことは、教科書、特に高校数学のそれはやはり相当な上から目線だということです。
執筆者は主に旧帝大の教授や名誉教授ですので、超IQの高い人々です。(IQ、というか思考力、学力に関しては異論はあるでしょうが、現在学生の立場から、大学教授になるのがいかに大変であるか実感していますので、少なくとも凡人ではないことは確かでしょう。)そういう人々の思う理想的な教科書と、現実の勉強に伸び悩む高校生の望むものには相当な乖離があります。

教科書の論理展開は、大学生になった今ではなかなかうまいと思います。もちろん、指導要領に縛られてますんで、数Ⅲの三角関数の微分で有名なようなごまかしの証明もありますが、なんだかんだいってもよく出来てます。ほんとに、今見ればまとまりの良さに感心するばかりです。

しかしながら、初学者である学生には難解でしょう。「・・・なので・・・となる」というような説明の連続では、とてもとても理解できません。だからこそ、ほとんど学校の授業をデフォルメしたような分かりやすさをひたすら追求の塾産業が成り立つわけですが・・・この際、論理の一貫性を妥協してでも、分かりやすさに重点を置いた実践的な教科書なり副教材なりを公式に高校側で用意してもいいんではないでしょうか。少なくとも将来厳密な論理が必要じゃないような学生に関しては・・・

・・・仕事しながらそんな事を考えてた日でした

ところで、北朝鮮の教科書なるものが以下の動画で紹介されてます。



戦前の日本もこんな感じだったんでしょうが、それにしてもひどい内容ですな。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kyosukukan.blog38.fc2.com/tb.php/86-f85bc9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

最近のコメント一覧

最近のトラックバック一覧

アクセスカウンター




現在の閲覧者数:



にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ
にほんブログ村

カテゴリ

日記 (63)
FX (6)
カモパチ (8)
怖い話 (2)
夏のアクションプラン (1)
学習関連 (3)

最近の記事一覧




管理人プロフィール

ω

Author:ω
居住地:東京都
性別:男
属性:大学院修士課程1生
年齢:22
血液型:O
mixiアカウント:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=23215177

-->

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

リンク一覧

当サイトはリンクフリーです。


国内格安航空券サイトe航空券.com

旅ポケドットコム

このブログをリンクに追加する

携帯用QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示