FC2ブログ

2009-05

モジュール化やOSについて

あー。
最近、考えようとしたことを忘れるー。
時間のある時に考えようと思っていても、残念ながら、他に関心のあることが出来ると、前の事を忘れるようだ。このだめ脳みそめ!

忘れないために、最近考えていることを書きます。
テーマは、「モジュール化」「OS」です。

どうでもいい話です。

あーまたアルコールが入ると余計な事を書いてしまう。
お許しを・・・。

////////

ともかく、これを、自分の中で体系化して、さまざまな場面で応用しようと思います。

今少し、コンピュータに関して勉強してます。(リンクのe-ラーニングが役立ちます。無料かつ無登録でOK)
コンピュータの基礎的な考え方は、実生活でも役に立つ気がします。
というより、コンピュータだって、人間が知恵を絞り開発しているので、自然と実社会の知恵なるものに似てくるんでしょう。

まず、モジュール化。

実は、コンピュータのアプリケーションプログラム開発では、このモジュール化がキーになります。本当に、さまざまな場面で現れる考え方です。

難しい話は抜きにして、「モジュール化」ですが、簡単にいえばある物事を捉えるときに、全体を分割して一つ一つ仕上げていくやり方です。厳密には違うんでしょうが、「分割統治法」も同じようなことを意味します。
というか、そもそも国家という概念が、地球の分割統治で、その国家をさらに小地域にわけることそのものが分割統治です。

この「モジュール化」が、意識的に日常で使えば、非常に役に立つことに最近気がつきました。

大きな問題を分割して考えることは、ある意味当たり前なので、今さらと思うかもしれませんが、本当に”意識して”これを使うと有効なんです!なんとなく、ではなく、明確な手法としてつかうんですね。

例えば、自分は学習指導の仕事に携わっていますが、その業務の中で、定期試験対策というものがあるとします。これを例に考えましょう。

仮に理科の問題を作るという設定で、いきなりこれをやるのは困難です。
少なくとも、ニーズにマッチしたいいものは出来ません。

そこで、モジュール化なんですが、各教科には既に文部科学省によって「単元」という名のモジュールが用意されています。問題は、このモジュールを、さらに細かいモジュールに、対象の学習者が飲み込みやすいように分割し、そして各モジュールを適切な順番でつなげるところにあります。

そう、①モジュールの最小単位をどの程度にするか ②どういう属性のモジュール分割をするか(レベル別、ステップ別、等) ③各モジュールの学習順序をどうするか といったことを考えていく必要があります。

こんなもん当たり前に思うかもしれませんが、明確にステップ化して一つ一つ作業する(これもまた、モジュール化)と、プロセスが見えやすいし、いいものが出来ます。少なくとも、プロセスがぐちゃぐちゃになりやすいωの場合、これが有効です。意識的にやる、というところがみそです。

最近様々な記憶が無意識の底に沈んで、適切なタイミングで想起出来ないもので。


もうひとつ、コンピュータに学ぶ知恵として、OSの存在があります。
OSは、いわばコンピュータの社長さんで、人間の脳でいえば、おそらく前頭連合野の働きがそれにあたります。交通でいえば、信号のような働きです。

社長がいない会社はないし、前頭連合野がなければ、人は理性を発揮出来ませんし、信号が無ければ、車の性能がどんなに良くともやはり交通はマヒします。

つまり、コンピュータのメモリやCPUがいかに性能の良いものでも、うまく機能を引き出し、調和させることが出来ないと、無駄になるということです。

これは、会社でいえば、有能な社員がたくさんいても、音頭をとる上司がダメダメなら、組織としての体をなさないということです。

なんだか踊る大捜査線の組織論に似てきました。有能なリーダーは常に必要なんですね。

とにかく、コンピュータの構成法から学ぶ点は多いという話でした。


スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

最近のコメント一覧

最近のトラックバック一覧

アクセスカウンター




現在の閲覧者数:



にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ
にほんブログ村

カテゴリ

日記 (63)
FX (6)
カモパチ (8)
怖い話 (2)
夏のアクションプラン (1)
学習関連 (3)

最近の記事一覧




管理人プロフィール

ω

Author:ω
居住地:東京都
性別:男
属性:大学院修士課程1生
年齢:22
血液型:O
mixiアカウント:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=23215177

-->

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

リンク一覧

当サイトはリンクフリーです。


国内格安航空券サイトe航空券.com

旅ポケドットコム

このブログをリンクに追加する

携帯用QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示