FC2ブログ

2021-04

Scenario part4

カモパチです。

イヤー大変開けてしまいまして…、何せ結構重要な処にしたい感じなもんで、とはいいつつまだ不発状態ではありまして…、
テンポの問題とか書きながら、不完全なセリフばかりが抽出されて…

いずれ批評受けた後、改訂します。
それにそろそろ、あらすじも必要ですしね

(…このコメント相当やつれてる感じで書いており、何か関係ない記事書けたら冴えた発言ができるかも)

では、



 青空の広がる空(朝)

 竜門神社へ向かう手前の道(朝)
       岡田とその後ろに続く江澤、周りを見渡しながら歩く。
江澤「変わってねーなー。どこも」
岡田「まあね」
江澤「何かここまで平凡だと飽きてきたりしない?」
岡田「いいじゃんか、平和で」
江澤「まあそれもそうかもな」
       竜門神社の山道、入り口に着く
       岡田、山道へ入っていく
       江澤、立ち止まり、山道入口をみる。
       山道入口に入る岡田を見る
       岡田振り向いて
岡田「行こうぜ」
       江澤、岡田の笑顔を垣間見る
       作り笑顔で返答する
江澤「ああ」

 竜門神社へ向かう山道の麓(回想・夜)
       蝉の鳴く音が響く
       岡田の後ろに続く江澤
岡田「鴻上は何で神社なんかで遊ぶことにしたのかな」
江澤「さぁーねー」
岡田「啓、他に鴻上から何か聞いてないのか」
       岡田、振り返って江澤を見る
       江澤、フザケながら
江澤「さあー、特には…」
岡田「本当かよ」
江澤「寧ろ宏は何か聞いてないの?」
岡田「いや、俺も特に」
       少し沈黙が続く
       江澤、歩く岡田の表情を横から見て
       意味ありげな声で
江澤「ところでさ」
       岡田、振り向く。江澤少し躊躇ってから続ける
江澤「宏は好きな奴いないの?」
岡田「はっ?前にも聞いてなかった?」
江澤「何となく聞きたくなった。で、どうなんだよ?」
岡田「そんなこと言われても、…啓の方はどうなの?」
江澤「俺か、今はいねーな」
       岡田、微笑しながら
岡田「何だっけ。隣町の高校の子だっけ?」
江澤「ああ。普通に玉砕したやつ。聞いたろ前に」
岡田「ああ」
       少し沈黙が続く
江澤「で、どうなの?」
岡田「何が?」
江澤「いるのかって」
       江澤、後ろから付いていって、横から覗き込むように
岡田「ああ、いねーよ。前にも言ったろ」
       江澤、元の距離を保って
江澤「まあ、そーだけど」
       山道の階段の終わりが見えてくる

 山道途中の小さい神社(朝)
       ベンチに座ってジュースを飲む岡田
       少し離れたところで煙草を吸う江澤
江澤「舞の事いつから好きだったん?」
       岡田、微笑しながら
岡田「よく覚えてないな…」
江澤「この神社登る1ヶ月くらい前とか」
岡田「何度か部活に来て、それから位かな」
       江澤、煙草を持つ指を岡田に向けて
江澤「あん時か…。そうなんじゃねーかなとは思ったけど」
       岡田、江澤の方に顔を向ける
岡田「啓は気付いてたの?」
江澤「まあ…ね」
       煙草を始末し、歩き始める江澤

 山道途中の小さい神社(回想・夜)
       江澤、歩きながら岡田の方を向いて携帯を離す
江澤「向こうもうちらと同じ中間地点にいるらしいよ」
岡田「じゃ行くか」
       ベンチでジュースを飲んでいた岡田、江澤の方へ歩き始める
       岡田、江澤、森の中へ入っていく

 小さい神社から登頂までの道(回想・夜)
       森の中を登る二人
       先頭の江澤、前を見ながら喋る
江澤「舞は好きな奴いるのかね」
岡田「さー」
江澤「(間が空いて)ひょっとして、うちらのうちの誰かとか?」
       江澤、笑いながら喋る
       岡田、苦笑する
江澤「…意外と幼馴染として俺のことを見てなかったとか?」
       岡田、半笑いで
岡田「えっ?」
江澤「俺、こないだ弁当貰っちゃったしなー」
岡田「いや、それなら俺もこないだ貰ったし」
       江澤、わざとらしい顔で、後ろの岡田に詰めより
江澤「いや、でも可能性あんじゃね?」
       岡田、突き放す様に、江澤を抜く
岡田「なら、そうかもしれないんじゃない」
江澤「(笑いながら)冗談、冗談」
       沈黙が流れる
       江澤、軽い口調で
江澤「逆だったらどうする?」
       江澤、歩き始める
       沈黙が続く
岡田「…そん時は、そん時じゃん?」
       江澤、岡田の様子を見ながら、
江澤「断んの?」
岡田「そこまでいってねーよ」

 小さい神社から登頂までの道
       日差しがうっすら差し込む森の中
       岡田の後ろに続く江澤
江澤「どうしてあの時、俺に言ってくれなかったん?」
岡田「(少し間が空いて)啓も舞のこと好きだったりするかもって思ったからかな」
江澤「…そう見えたから?」
岡田「まあ、もう、覚えてねーよ」
       岡田、苦笑いしながら歩く。その様子を見つつ、歩く江澤
       目の前に石段が見えてくる

 小さい神社から登頂までの道(回想・夜)
       岡田を先頭に石段を上っていく
江澤「ぶっちゃけ、舞のこと好きだったりするんじゃないの?」
岡田「しつこいな、お前も」
江澤「…確かに。」
岡田「別にいいだろ、そんな事。俺の問題なわけだし」
       岡田、江澤の方を向く
       江澤、顔の汗を手で拭い、息を払ってから
江澤「…全くその通りだな」
       二人の足が石段を登りきり竜門神社が目の前に現れる
スポンサーサイト



scenario3

ついに第三段……いや、やっと第三段

余計な話ですが、このカモパチというあだ名のカモの部分
これの由来、実は過去に私の所属する部活から来てまして、そこでの部会での必要経費的なものに金を払ったら、神子君が

お前カモられてるんじゃね

と言いはじめたことからつけられました。はっきりいって、正直その部活は何も悪いことしてません。

ただちょっとばかし高くね
そう思ったことを彼に話した僕がいけないんです。きっと悪いのは神子君
だからあの部活の会計に狂いなんかない…




(岡田家・リビング(夜)続き)
    玄関からドアの開く音
岡田「ただいま」
舞「おかえりなさい」
    舞、台拭きをすぐさま置き、玄関へ向かおうとする。リビングと玄関を結ぶドアを開けたまま、玄関で岡田と出くわす
    江澤、その舞の様子を少し遅れて眼で追う
    開いたドアの先で、笑顔で岡田を迎え、鞄とスーツを受け取る舞を少しばかり、のぞき見る
    前を向きなおり、微笑して背伸びをする江澤
    岡田、江澤の背伸びする後姿を見ながらリビングに入る。
岡田「久しぶりだな、啓。本当よく来てくれたよ」
    江澤、背伸びを崩して後ろの岡田を見て
江澤「おう、新婚生活いい感じじゃねーか」
岡田「茶化すなよ。それに婚約もまだしてないし」

 同・リビング(夜)
    台所で舞が水洗いをする音
    江澤と岡田、向かい合ってソファーに座る
岡田「明日、神社行かないか。こないだ電話で言った跡取りになりそうな人も来るらしいからさ」
江澤「そうだな、…神社かー。よくよく考えるとあの時以来だな」
    舞、いったん水洗いを止め、食器の水を落とし、整理しながら
岡田「俺もそんなもんかな。(台所にいる舞を見て)…舞はどうする?」
舞「私は…明日、町内会の仕事があるから、昼過ぎてからなら行けるかも」
江澤「(半笑いで)町内会?」
    言い終わって岡田を見る
岡田「今ちょうど、うちの両親が旅行行ってていないからさ」
江澤「ああ、ああ、ああ、成る程ね」
    江澤、欠伸をしながら眠たそうに言う
岡田「今日はお疲れだったな。風呂入って寝ちゃえよ」
江澤「…おう」

 同・江澤の泊まる部屋の前の廊下(夜)
    舞の後ろに、寝巻を着た江澤が目をこすりながらついてくる
舞「ここね」
江澤「(眠そうな声で)おおー」
    足取りの鈍い江澤、真っ暗な部屋の中に敷いてある布団に大の字に倒れこむ
    舞、微笑みながらドアを半分ほど閉め
舞「じゃー、明日10時ね」
    江澤、横目で舞を見ながら顔を布団に半分押し当てたまま
江澤「ああ、…おやすみ」
    江澤、「おやすみー」と言いながらドアを閉める舞の様子を見て、リビングのドアから垣間見た、舞の姿、そして岡田を見る笑顔が一瞬頭に浮かぶ
    ドアが閉まり部屋が真っ暗になると同時に、江澤目を閉じる

 小山西高等学校・外観(回想)
T 4年前

 同・2階廊下(回想)
    江澤(18)、廊下で同級生3人と雑談する。視線が止まる
    教室から廊下に小走りでこちらを見ながらやってくる舞(18)
    江澤と周囲の同級生の前に舞が現れると、同級生たちは舞から引いていく。江澤の前にくると、同級生の内、何人かは「マジで」等とささやく
舞「ねえ、啓ちゃんちょっといい?」
    江澤、引いてく同級生を見てから少し得意そうに
江澤「ん、何だい?」
    舞、その同級生を一瞬見渡してから
舞「何、調子に乗ってんの」
舞の女友達「あんた、ただの舞の幼馴染でしょ」
    すかさずきつい口調で舞の女友達が突っ込む。
    江澤、その声に気づき舞の後ろに立つ、その女友達と真川由希(18)を見る
舞「ここじゃいいにくいから、ちょっと来て欲しいんだけど」
    周囲にいた同級生のうちの何人かが「おお~」と口に出す
    江澤、言いづらそうに下を向いてから自分を見る舞を見て、周囲の同級生に「落ち着け」とサインを出す。
    そして半笑いになりながら、眉を動かして
江澤「心の準備はできているよ」
舞「何それ」
舞の女友達「別に告る訳じゃないから」
    周りの同級生は落ち着いていく
    江澤、わざとらしく驚いて見せた後、後ろにいる二人を見て「お前、さっきから…」と顔をしかめて言おうとするとそれに挟むように、
舞「そう、啓ちゃんに頼みたいことがあるの」
    江澤、わざとらしそうに溜め息をつき、窓枠に手を乗せて一瞬外を見る
江澤「外、熱いんだよなー」
    江澤、舞の真剣な表情を見る、
江澤「…わあったよ」
舞「さっすが啓ちゃん」
    舞、笑顔で江澤の腕を強引に引いてく、江澤、舞のペースに合わせながら、疲れたような顔でついていく
    舞の女友達、皮肉な笑みを浮かべて
舞の女友達「素直に喜べよ」
    舞の女友達と由希、正面を向いて歩いて行く。後方で正面を時々見ながら江澤、叫ぶ。
江澤「喜んでねーから」

 同・校庭・木陰のベンチ(回想)
    舞の後ろをついていく江澤。舞、校庭の方を見ながら歩く
    ベンチに座る舞。その横に少し離れて、だらける様に真上を見て座る江澤
江澤「で、話ってのはなーんでございますか」
舞「ちょっとは真剣に聞いてよ」
    舞、真剣な表情で少し下を向く
    江澤、舞を見る
    江澤、再び真上を向く
江澤「あい」
    沈黙が続く。蝉が鳴る
    江澤、焦点を上から舞の方に向ける。そして舞の見ている方向に合わせる
江澤「言えよ。何だよ一体」
舞「啓ちゃんってさ、岡田君の友達だよね」
    江澤、もう一度舞を見て、校庭を見る
江澤「ああ、宏ね。……(笑いながら)なるほどそういうことか」
    校庭ではマラソンの練習をする生徒達
    その中に岡田(18)の姿が映る

 同・校庭脇・山の見える日陰
     江澤の後ろに続いて歩く舞
江澤「あいつが誰好きなのかって言われてもなー…。いまいちよくわかんねーんだよ。部活とかテストとか人間関係の事とかはよく話すんだけどよ。恋とかその手の話はしないんだ。寧ろ舞の方が知ってるんじゃん、あいつとメールしてるんなら」
舞「好きな人も彼女もいないとはいってたんだけどね…」
江澤「遊びにはいったん?」
舞「それがまだでさ。…乗ってくれるかな…なんか話せなさそうだしな」
    立ち尽くす舞
    江澤、舞を見る。舞も江澤を見る。
江澤「そこで、俺に仲介役になれってか?」
舞「…いい?」
    江澤、笑みを浮かべて
江澤「しゃーねーなー。ただし、今度奢れよな」
舞「…ありがと。ちゃんと奢る」
江澤「で、そのデートプランは?」
江澤と舞、再び歩き始める
舞「考え中。ていうか、ここら辺遊ぶところ無いんだよね」
江澤「隣町まで行くしかないよな…いや、でもあすこも何かデート的な感じでは…」
    江澤と舞、立ち止まって考える
江澤「いや一つあるわ。この町にも」
舞「え…、あったっけ?」
江澤「あすこだよ。しかも何かその手のしきたりとかもあったろ」
    江澤、山を指さす




追記:Tとは文字で画面に出るテロップをいみします

scenario2

とりあえず1週間を目途にこの分類も更新していきたいです。
ωさまにはよくしてもらっちゃって、そこまで持ち上げられちゃうと、

プレッシャーに負けて吐きそうです(<<じゃー書くなよ)

そしてもう一つ、後に加えますが登場人物に早速の訂正

役場の職員1
役場の職員2

の追加でお願いします、

何か色々申し訳ないことしちゃったり、いっちゃってますが、廃人なのでお許しを




 小山町公民館・会議用の和室(夜)
     スーツ姿、若しくはそれ以外の作業服を着た十数人ほどが横に四列、縦に三列をなして座る。最後尾の列に岡田が座る。
     それらと向かい合うように最前部中央に鎌平信俊(32)、その横の端に、鎌平のほうを向いて濱中建三(58)が座る。
     濱中が鎌平の方に向って頭を下げると、鎌平の目の前の十数人もみなそれぞれに頭を下げる。
濱中「竜門神社はわが町の象徴なんだ。あんたと見込んでのことだ。この通り、お願いできんだろうか」
鎌平「皆さんどうか頭を上げてください。お気持ちは十分にわかりましたから」
       鎌平は口を結んで、難しい表情をする。
鎌平「もう少し、この件については家内と相談してみますんで」
       鎌平は天井付近の時計を見、濱中の方を見る。
       濱中も時計を見て、
濱中「忙しいところわざわざ申し訳ない。後日、返事の方待っとります」
       濱中は鎌平を部屋の外へと促していく。
       町人が口々に「お願いします」という中、鎌平は出ていく。

 同・玄関前駐車場(夜)
       鎌平が車に乗り込み出ていくのを数人のスーツ姿の役場の職員と、濱中、そしてその後ろに町の人々及び岡田が見送る。
       車が走り去ると、町の人々は散り散りに帰っていく。
       スーツ姿の役場の職員は公民館へ戻っていく。
       濱中はそれに遅れて公民館へ戻る。
       その濱中を抜いて岡田が戻ろうとすると、濱中が呼び止める。
濱中「君は役場の研修生かな」
       声に気づいて振り向く岡田
岡田「はい。…岡田と申します」
濱中「今日のところは残りは彼らに任せていい。少し話でもしないか。」
       濱中、玄関の段差に座り込む。
岡田「はい」

 岡田家の面する道路(夜)
       江澤、携帯を見ながら歩く。
       近づいてくる岡田家。

 岡田家・玄関外(夜)
       江澤、1階の明かりがついた家の外観を見上げる。
       「岡田家」という表札の下のインターホンを押す。
       インターホンが鳴り、若い女性の声が続く
インターホン(舞)「はい」
       江澤、インターホンに覗き込むように
江澤「すみません。江澤啓太です」
       インターホン切れる。
       江澤、インターホンから離れ、それを見つめながら呟く
江澤「宏のやつ、兄妹なんかいたっけ……ああっ」
       江澤、咄嗟に玄関のドアを見る。その直後にドアが開く。
       エプロンをつけた鴻上舞(22)が出てくる。
舞「啓ちゃん、久しぶりー。」
       江澤、目を大きく見開き、一瞬インターホンの上の表札を確かめてから
江澤「まーじで」

 小山町公民館・玄関前駐車場(夜)
       岡田と濱中、公民館の玄関に座る。
濱中「岡田君といったかな。若い者にとっちゃもうあの神社はそう思い出に残らんもんか。わしらの頃は皆、言い伝えに従ってたもんだよ」
岡田「いえ、神社はこの町の人なら誰もが大切に思ってますよ」
濱中「そうか…。鎌平さんに継いでもらわんとな」
       濱中、山を眺めながら言う。
       岡田、一瞬下を向き、濱中を見、同じ方向を見る。
濱中「鎌平さんは東京の出身でな、ある伝手で紹介してもらったんだ。どこの神社を継ぐとも決まってなかったんだが、女房の実家の方にある神社に最近声がかかったそうでな、それを聞いて諦めとったんだが、まだわしらの話を蹴ったわけではなく、どうも決め兼ねているみたいでな。向こうの方で、何があったかよくは知らんけど、それなら是非ともこっち来てくれんもんかね」
岡田「…何とかならないんですかね」
       濱中、岡田の方を見て、力強く肩をたたき、立ち上がる。
濱中「君のような、この町で若い者の頑張る姿をみれば、うちを選んでくれんのかもしれんな」
       岡田、濱中の後ろをついていく
岡田「僕ですか」
濱中「ああ。…そういえば明日、鎌平さんは竜門神社を見に行くそうだ。もし暇があれば、会って話すといい」

 岡田家・リビングルーム(夜)
       江澤、ソファーに座りながら前の机に用意されたサラダを見る。
       家事をこなす舞の後姿を見る。
江澤「しっかし、二人は高校の時からずっと?」
舞「東京に出た時は、連絡も途絶えてたんだけどね、また付き合い始めたのは戻ってきてからかな」
江澤「へー。やっぱあの神社の言い伝えの影響なのかね」
舞「かもしれないね」
江澤「じゃあ、もう結婚考えてるみたいな?」
舞「まあ、宏の両親はいいって言ってくれたんだけどね」
       ハンバーグが出来上がり、皿に盛り付けを始める舞
江澤「なら少しは連絡しろよな」
舞「本当は婚約届けだす時に言うつもりだったのよ」
       舞、ハンバーグを持ってくる
       江澤、それをのぞき見るように、
江澤「おいしそー」
舞「そーでしょー。ほんとにおいしいよ」
       舞、江澤の対面に座る。
江澤「てか、でも宏が戻るまで待ってるでしょ」
舞「いいよいいよ。先に食べちゃって」
江澤「本当に?」
       江澤、机の上のナイフとフォークをもって
江澤「じゃあ、いただいちゃいまーす」

 小山町公民館・玄関前駐車場(夜)
       岡田及び役場の職員二人、車に乗って去る町長を見送る。
       三人、歩いて帰り始める。
役場の職員1「研修、お疲れ」
岡田「お疲れ様です」
役場の職員2「男とその仲人が東側、女とその付き添いが西側から登り、登頂で誓いを立てれば、良縁で結ばれる…。町長はあの言い伝えに従って今の奥さんとかれこれ30年近く続いてるからさ、余計にね大切にしたいんだよ。話、退屈じゃなかった?」
岡田「いえ、そんなことはなかったですよ。自分は」

 岡田家・リビング(夜)
       江澤、満腹そうに腹を撫でる
江澤「いやー、食った食った。羨ましいな宏が」
       舞、江澤を見て微笑みながら、江澤の食器を持っていく。
江澤「そういえば、舞も東京に行ったん?」
       舞、食器を洗いながら
舞「うん…、東京行ってモデルになりたかったんだよね」
江澤「は~」
舞「でもやっぱ甘かったっていうか…」
       舞、自嘲気味に笑いながら食器を置く
江澤「うちの高校じゃ一応それなりに可愛かった感じだったけどな」
       舞、台拭きをもって睨みながら江澤のところに来る
舞「一応それなりに?」
       慌てる、江澤
江澤「いやいや、別にそういうわけじゃなくって」
       舞、江澤の机の周囲を拭きながら、江澤の様子を見て微笑する。
舞「変わってないね、啓ちゃんは」
       江澤、少し笑顔がひいて
江澤「ああ、まあね」



(追記)
同・~   これは前のシーンと同じ場所であることを示します
女性の名前は確か名字ではなく、(男性との区別のため)名前を台詞の先頭に入れるルールの筈だったと思います。
ト書きの3マス空けといったことはちょっとここだと難しいのでご了承ください

ガチンコωブログ②

とうとうガチンコωブログの一期生である廃人カモパチ様が脚本を書き始めましたね。
そこで、カモパチ様により一層気合を入れてもらうためにガチンコωブログは二期生を募集したいと思います。そこで応募資格を含めて、本ブログを理解してもらうためにこのガチンコωブログについて説明したいと思います。

まずガチンコωブログについて説明したいと思います。
[ガチンコωブログについて]
今、携帯小説が大変ブレイクしており、「恋空」、「赤い糸」などの携帯小説が映画化およびドラマ化しました。そして今度は「天使の恋」が佐々木希主演で映画化されることが決まりました。そこで当局としましては携帯小説がこんなにブレイクするならブログ小説を作ればブレイクするのではないかと考え、人気ブログ小説家をこのブログから誕生させようと思い、ガチンコωブログを作りました。そしてこのブログの一期生として廃人カモパチ様が現在執筆しております。

次に応募資格について説明したいと思います。
[応募資格]
・小説に興味があり、自分も小説を書きたいと思っている方
・「期限を守れない奴は見捨てた方がいいですよ。俺なら期限どおりに書くし、1ヶ月で人気ブログ小説家になれますよ」と思っている方
・「ブログでてっぺんを取る」と野心を持っている方

以上の条件の中で一つでも当てはまる方なら誰でも歓迎です。どしどしご応募ください。なお、応募はコメントなどからお願いします。

Scenario Part1

「ガチンコωブログ」にメッセして頂いた方(知り合いのような気もするけど)
とりあえず、ありがとうございます。嬉しいです。そして

やりますから。どうぞご安心を

脚本を今後掲載していくにあたって
・形式は勿論ですが脚本形式です(小説ではありません)
・記事は非常に長くなりますが、どうかご理解のほどを…
・設定としては軸はできているのですが、先の部分について未完成部分もあるので、登場人物に追記する等、変更を加えるかもしれませんが、駆け出しってことでどうか大目に見てください
・読みながら「これ、つまんね」とか思った方、是非、お気軽にコメントなどしてください。コメント戴けると、非常にありがたいです
(コメントに寄せられた意見のほうを参考に改訂版としてアップすることも考えています)

では、始めたいと思います・・・




タイトル:
「峠」の分かれ道









登場人物:

江澤啓太(22) 「小山町」から東京に上京してきた大学4年生。岡田、真川、鴻上と同じ高校の出身。就職活動中。
岡田宏也(22) 「小山町」出身、江澤と同じ高校の出身者。上京して大学生活を送った後、出身地の町役場に就職しようとする。高校時代、鴻上と付き合う。
鴻上舞(22) 「小山町」出身、江澤と同じ高校の出身者。高校時代、岡田と付き合う。
真川由希(22) 「小山町」出身、江澤と同じ高校の出身者。

鎌平信俊(32) 「竜門神社」の神主候補
濱中建三(61) 役場の町長









某マンション・江澤の部屋 (回想・朝)
       カーテンが閉まった暗い部屋
       机には雑に置かれたノートパソコンと企業のエントリーシートで散らかり、
       床にはCDや雑誌、プリントで散らかっている。
       布団脇にある携帯が鳴る。
       布団から起きる江澤啓太(22)、携帯をとる。
       携帯のディスプレイには「日商製品」と映る。
       江澤急いで電話を取る。
江澤「(真面目な声で)もしもし」
電話の声「もしもし、日商製品人事課のものですが、江澤啓太様でいらっしゃいますか?」
江澤「はい」
電話の声「選考の結果をお伝え致します。誠に申し訳あり…」
       江澤、携帯を耳から離しふてくされた顔で舌打ちする。
       携帯を布団に投げつけ、頭をかきながら布団から起き上がり、洗面所へ向かう。
       そして一人呟く。
江澤「死んでしまえ」
       江澤、部屋から洗面所へ消えていく。
       洗面所から水が流れる音。
       布団脇に追いやられた携帯が鳴る。
       (少し鳴り続けた後)洗面所の水の音が消える。
       江澤急いで洗面所から出てきて、携帯を見つけ、おもむろにそれを開く。
       電話越しに早口で喋り始める。
江澤「あ、もしもし、江澤啓太です。選考の結果でしたら手っ取り早く教えていただけないでしょうか」
電話の声(岡田)「はっ?」

 某列車・車内
       江澤、電車の窓の外の山を見渡す。

 某マンション・江澤の部屋 (回想・朝)
       江澤、笑顔で通話する。
江澤「なんだ、宏、お前か、ひっさしぶりだな。てっきり、またけられる電話かと思った」
岡田「ははっ、相変わらず元気な奴だな」
江澤「そうでもねーよ。急にどうしたよ」


 某列車・車内
       トンネルをぬけ、山に囲まれた町が窓に見えてくる。

 某マンション・江澤の部屋 (回想・朝)
       江澤、布団に寝転がりながら、機嫌よく通話する。
岡田「ん~、相談っていうか、話せば長くなるんだけど…、啓の方はどうなの」
江澤「俺か?まあ就活中だな。お前もそうだろうけど」
       寝転がりながら、エントリーシートを足の指で掴み眺める。
岡田「そうだよな。で、どんな感じ?」
江澤「全敗中だよ。ったく、人間不信になってくらぁ」
岡田「今、不況だからどこも厳しいんだろ」
       眺めるのをやめ、足の指に挟ませたまま、仰向けになる
江澤「おうよ。まあ企業も俺を見る目がねぇんだろうな」
岡田「(笑いをこらえて)いや逆じゃないか?」
江澤「…何が、逆だって?」
岡田「いやいや、冗談、冗談」
       エントリーシートが足から離れる。
       その場から起き上がろうとする。
       台所へ向かう
江澤「宏の方はどーなんだ?」
岡田「俺は今、研修中なんだ。その評価で決まるみたいなんだけど」
江澤「へ~。それ、どんなとこ?」
岡田「うちらがいた町の役場だよ」

 八町山駅・駅前
       江澤、荷物を背負ったまま、腕と背筋を伸ばす。
       正面にある山々を眺める。
江澤「っああ~。しっかし相変わらず山ばっかなところだな」
       江澤、バス停まで歩き、時刻表を見る。
       一瞬下(にある携帯)を見る。
江澤「うわっ。後、一時間も待つのか。しかも圏外じゃねーか」
       江澤、バス停のベンチに荷物を下ろし、座り込む。

 小山町・町役場・屋上 (回想・朝)
       岡田宏也(22)、屋上のフェンス越しに山を眺めながら、通話する。
江澤「マジで?だってお前、東京の大学出て来たじゃん」
岡田「あれ、前に言ってなかったっけ。将来は町の役場に行きたいって」
江澤「そうだったっけか」
       フェンスから離れ、そこら辺で何となしに歩く
岡田「言った筈だよ。で、いまそれの研修を受けているんだ」
江澤「そういえば、言ってたような…。でもさ、東京来たんならこっちで就職しようとは思わなかった  の?」
岡田「少しは思ったよ。でもやっぱり、俺はこの町が好きだし、一生働くならこの町のために働こうって決めたんだ」

 八頂山駅・駅前
       バス停のベンチで煙草を吸いながら、前方を眺める江澤。
       江澤の向いている方向の後ろからバスがやってくる。
       江澤、バスに気づくと煙草を消し荷物を背負う。
       バスが止まり、江澤乗り込む。

 バス(外観)
       江澤を乗せたバスが出発する。

 バス・中
       江澤、窓際の席で窓の外を眺める。
       走っていく景色を見ながらつぶやく
江澤「町の為に尽くす…か。カッコつけやがって」

 走行中のバス(外観)
       坂を登り、正面が見えてくるバス。
       下り坂に差し掛かり、バスの走る先に町が広がってくる。
       走るバスの側面に聳え立つ山。
       山の側面には小さく神社の鳥居が見える。

 バス・中
       江澤、その小さく見える神社の鳥居を眺める。

 某マンション・江澤の部屋 (回想・朝)
       江澤、台所からマグカップに入った紅茶をもっていきながら、肩で携帯を固定しつつ通話する。
岡田「今、その研修中に話題になってるんだけど、下手したらあの神社なくなるみたいなんだ」
江澤「マジで?何で?」
       言い終わって、座り、紅茶を飲む。
岡田「まだ決まっちゃいないんだがね。どうも神主さんの跡取りがいないみたいなんだ。で、今町長さん達とそれができそうな人に頼み込んでいる所なんだけど、どうも乗ってくれなくて…。」
江澤「それで、俺に?」
岡田「ああ。神社拝めるのも最後かもしれないし。でも、就活中なら無理に来なくていいよ」
       江澤、部屋の棚の上の額縁の写真を眺める。
       少し沈黙が続く、
江澤「もう町から出て3年ぶり位だしな。週末、久々に行ってやるよ。で、ついでに神社の問題も何とかしてやろうぜ。」
岡田「いや、そんな余計なことはしなくて…」
江澤「(岡田の声をさえぎるように、少しにやけて)そういやあれから舞とはどうなったんだ」
岡田「ああ、舞とのこと?実は…」

 バス・中 (夕方)
       江澤、窓から正面に目を向ける。
       日が落ちてく姿が運転席の窓に映る。

 タイトル 「『峠』の分かれ道」


ガチンコωブログ

えー、皆さんが大変お待ちしている廃人カモパチの脚本ですが、緊急告知があります

ガチンコωブログ »

廃人カモパチ

ωさまのご紹介を受け、この場を借りて自身の脚本を掲示させていただくことになった

カモパチです

廃人カモパチ »

COMING SOON!

さて、いつも本ブログにご協力いただいているカモパチ様が、近日中に小説などを連載する予定です。

出来れば専用のコーナーを設けたいところ。

まだ詳しい内容は明らかではありませんが、乞うご期待。

«  | ホーム |  »

最近のコメント一覧

最近のトラックバック一覧

アクセスカウンター




現在の閲覧者数:



にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学院生へ
にほんブログ村

カテゴリ

日記 (63)
FX (6)
カモパチ (8)
怖い話 (2)
夏のアクションプラン (1)
学習関連 (3)

最近の記事一覧




管理人プロフィール

ω

Author:ω
居住地:東京都
性別:男
属性:大学院修士課程1生
年齢:22
血液型:O
mixiアカウント:http://mixi.jp/show_friend.pl?id=23215177

-->

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

リンク一覧

当サイトはリンクフリーです。


国内格安航空券サイトe航空券.com

旅ポケドットコム

このブログをリンクに追加する

携帯用QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示